自然素材にこだわった、家族の幸せを「紡ぐ」家づくり。

施工事例

絆を紡ぐ平屋 / 足利市

無垢材にこだわりがあり、『家を建てるのが夢だった』と話す奥さま。

子どもが生まれてアパートでは手狭になり、収納も足りなくなったのが家づくりのきっかけだったそうです。

LDKの床は赤松材、天井は杉の無垢材で仕上げました。室内ドアも赤松材を使用して、統一感を。

キッチンのダイニング側には、鍵置きや書類入れ、引き出しなどたっぷり収納できる造作家具。

小さいお子さまがお昼寝していても見守りながら家事ができるように、リビング横に和室をつくりました。

洗面台も赤松材を使用。鏡台の収納には届かない子供たちのために、右側に歯ブラシ置き場のニッチを設置。

家事導線にもこだわり、キッチンからも廊下からも洗面脱衣所に行ける一方通行にならない間取りです。

またLDKと和室の壁は珪藻土の塗り壁。『湿気の多い時期でも、じめじめしてない気がします』と奥さま。

また『無垢の床は、夏は涼しく冬は暖かく、傷は付きますが味が出ていい感じです!住み心地も良い!』とおっしゃっていただけました。

自然素材で心も体も健康な住まい。

家族のことを考えられた、ママのアイディア溢れる平屋です。