自然素材にこだわった、家族の幸せを「紡ぐ」家づくり。

施工事例

小俣幼児生活団 / 足利市

 

 

足利市にある保育園。小俣幼児生活団様。

 

『昼間のこどもの家』という保育園の考えを大切に造らせていただきました。

 

無垢材がふんだんに使われた、木のぬくもりを感じられる園舎。

園舎自体、山に囲まれており自然たっぷりの保育園です。

木のぬくもりは五感を育み、子どもの心を豊かにします。

 

 

外壁の黒色は、炭が入った塗料です。

ぱっと見、保育園とわからない外観かもしれません。

 

 

塗り壁は、鹿児島の火山灰を使用しています。

湿気やにおいをたくさん吸ってくれます。

 

 

 

天井はドイツの木のチップ入り壁紙です。

腰壁がアクセントになっています。

 

 

シャワー室の床はコルクタイル。転んでもケガなしで安全。

 

部屋の床は、無垢材フローリング。足裏にあたたかく接します。

裸足が心地いい。

 

地震に強く、高断熱、高気密はもちろんのこと。

子どもにも環境にも優しい、自然素材の保育園です。

 

ここでたくさんの思い出、物語がうまれて

ひとりひとりの記憶に、園に、刻まれていきます。

 

そんな建物づくりに関われること、とても光栄に思います。