今後30年以内に起こる大地震の発生確率 大地震はいつ起きてもおかしくない
上図は、2007年の大地震発生確率の予測図です。
宮城県沖地震99%、茨城県沖90%の予測どおり、
2011年3月に実際に大地震が発生しました。

今後30年の間に同様の地震が起こる確率は、非常に高いものと考えられます。

近年実際に発生した大地震
場所 M 震度 場所 M 震度
2011 東日本大震災 9.0 7 2003 宮城県北部 6.4 6強
2010 沖縄本島近海 7.2 5弱 十勝沖 8.0 6弱
2009 駿河湾 6.5 6弱 2001 芸予 6.7 6弱
2008 岩手・宮城県内陸 7.2 6弱 2000 鳥取県西部 7.3 6強
2007 新潟県中越沖 6.8 6強 新島・神津島・三宅島近海 6.5 6弱
2006 伊豆半島東方沖 6.8 6弱 1998 岩手県内陸北部 7.3 6弱
2005 福岡県西方沖 7.0 6弱 1997 鹿児島県北西部 6.4 6弱
2004 新潟県中越大震災 6.8 7 1995 阪神・淡路大震災 7.3 7
だから、今家を建てるなら制震構造の家!すでに建ててしまった人も、今すぐ簡単リフォーム!

新築住宅・リフォーム完全対応
地震対策技術の比較をしてみましょう。
一般的な技術。
「地震の力」に「建物の力」で耐えようとするので、受ける衝撃は大きくなる。
余震のたびに破壊が進行し、倒壊する場合もある。
大地震後は復旧工事をしなければ危険。
建物の土台と基礎の間にボールなどをはさみ、地震の揺れを直接建物に伝えない技術。
設置するためには、さまざまな制約がある。
コストが非常に高く、定期点検が必要。
  
エネルギー吸収システムが、地震の破壊エネルギーを建物に無害な熱エネルギーに変換して消費する技術。地震エネルギーの50%以上を吸収し、連続する地震でも損傷を最小限に抑え、大地震後も軽微な補修だけで住み続けられます。ローコスト。メンテナンスフリー。

耐震では壊れることでしか地震エネルギーを吸収できません。
ジーバ<GVA>なら損傷することなく地震エネルギーを吸収できます。


リフォームにも「制震構造」をプラス
手間いらず
制震Galcon<ガルコン>
地震に対して勝負をしないで、地震の揺れを熱に変えて、建物を守ります。地震に力づくで抵抗しないので、大きな引抜力を生じさせず、柱、基礎等周辺工事を省略できます。
柱と梁等接合部に設置するタイプなので、床下や屋根裏の工事だけで済むケースもあり、工事中も普段どおりの生活ができます。接合部の強度を向上させるため、大地震の際、建物がバラバラになることも防止します。
写真
㈶日本建築防災協会住宅等防災技術評価DPA-住技-32 耐震補強構法コンペ理事長賞受賞 安価で信頼できる「耐震改修工法・装置に選定されました。 プロジェクト「TOUKAI(東海・倒壊)」の耐震補助金物として使用できます

安心の効果
制震Galcon<ガルコン>
 ●揺れを50%程度低減(1枚/坪設置の場合)
 ●粘弾性体によるエネルギー吸収と、
  板バネによるダブルの制振効果
 ●仕口部の設置なので、大掛かりな作業は不要
 ●1枚あたりの保有耐力は、1.1KN
中地震・大地震・巨大地震 あらゆる規模の揺れを吸収します

ダンパー写真 ダンパー写真2
地震エネルギーを吸収する
エネルギー吸収体内蔵ダンパー
ダンパーの稼動部分が弾力的に伸縮することで、地震エネルギーを熱エネルギーに変換して吸収。約7~8℃の熱を放出しながら建物の”揺れにブレーキ”をかけます。

※東京理科大との共同研究により、建物規模や特性に応じた設置数量を決定しています。おおむね40坪の建物の場合8~12ユニットを配置し、建物全体の揺れを制御します。

ダンパー図解
ジーバ<GVA>をプラスすることで得られる効果
震度5では
ほとんど揺れを押さえ込み、損傷はありませんでした

震度6では
耐震の構造体だけでは、損傷が目立つようになります。
揺れを50%~69%吸収。

震度7では
耐震の構造体だけでは、倒壊するものもありましたが、
揺れを59%以上吸収し、倒壊を防ぎました。

<あなたの家作りにGVA<ジーバ>をプラスすると・・・

揺れを1/2以下に抑えます
繰り返し何度でも安定した効果を発揮
大地震後の補修費用の軽減

信頼の住友3Mの振動吸収体
1969年、ニューヨークのワールドトレードセンターに採用されたのを皮切りに、世界中で多くの実績を持ち、ビルの寿命と一生を共にするほどの耐久性を持っています。
ツーユニオンスクエアビル(USA)、東京都庁、横浜ランドマークタワー

㈱フクダ×GVA(ジーバ)工法=木づかいの家
オープンハウス写真
フクダのオープンハウス ・GVA施工済 ・こだわりの天然素材 ・高断熱、高気密 ・オール電化 etc. 一般的な展示場ではありません!実際に住める仕様のオープンハウス!!

見学ご希望の方は、下記の電話番号または
お問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。